--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/26.Fri

番外編 京都めぐりを始めてみれば ~南禅寺・水路閣の巻~

銀閣寺から哲学の道を歩き、次へ向かったのは南禅寺。

南禅寺1 

三門がどど~ん! 大きいです。 大迫力です。

拝観料を払えば、この上にのぼることもできますよ~。

 

南禅寺2 

境内から見た三門。

なんか、見ているとふぅ~っと大きくため息が出てしまうような、壮大なたたずまい。

 

 

南禅寺3 

こちらは法堂。 法堂前にはお線香の煙が漂います。

近くにいたボランティア(?)のおじちゃんが、「浅草の煙とは、体へのかけかたが違うねんで!」と力説していたけど、何が違うのかコロッと忘れてしまった。 おっちゃん、ごめん。

 

 

南禅寺4 

ふと見上げると、法堂の上にはお月様とぐんぐん伸びる飛行機雲。

 

この法堂の天井には龍の絵が描かれています。

先ほどのおっちゃんが、この龍と目が合うんや!とまたまた力説されていましたが、外から覗くと中が暗すぎて、なかなか目が合いませんでしたぞ。

 

さて、法堂の奥へさらに進むと・・・

 

 

南禅寺5 

じゃ~ん! 『水路閣』です!

南禅寺境内にある琵琶湖疎水の一部。 なんか船越英一郎が出てきそうやな・・・。

 

 

南禅寺6 

水路閣の真下はこんな感じ。

人がいない瞬間を狙って1枚ぱちり! 

 

水路閣の下はわかったけど、上はどうなってるん?

・・・ということで、上にのぼってみました。

 

南禅寺7 

疎水です。なのでもちろん、水が流れているのでした。

水がキラキラ。 まぶしすぎるぜ。

 

さて、水路閣のそばには『南禅院』という京都の三名勝史跡庭園のひとつでもある美しい庭園があります。

 

南禅院1 

お庭を見て心が落ち着くようになったのは、ここ最近かも。

 

 

南禅院2 

紅葉の頃は、それはそれは美しいこのお庭ですが

静かな今は、お庭そのものの良さをかみ締めることができました。しみじみ。

 

 

南禅院3 

そばにいた女の子2人が「ちょ~きれ~!」と絶賛した池。

うん、そうやね。ちょ~きれいやね。

 

 

南禅院4 

池に映る方丈。

ちょ~きれいです

 

さて、昼前から歩き出して、ただいまの時刻は午後3時。

お昼ごはんを食べ損ねたのでどうしたものかと考えながら・・・

 

 

疎水 

琵琶湖疎水沿いをてくてく てくてく。

疎水の向こうに見えるのは京都市美術館。

 

平安神宮 

大きな鳥居の向こうには平安神宮が小さく見えます。

横断歩道を渡りながら、片手でパチリと1枚!

 

写真右手のバス停を見ると、祇園や四条河原町方面へ行くバスがでていたので、そこで何か甘いものでも食べることにしました。

続きはまた今度。 祇園界隈をちょこっとお届けします。 

 

 

さて、今日のにゃおはん。

わるにゃお2 

なんか、悪さをしていませんかい??

 

わるにゃお1 

こ、これは!

 

わるにゃお3 

こういう所からお水の飲むのが好きなにゃおはん。

生け花が時々崩れているのは、にゃおはんのせいだったのですね。

 

わるにゃお4 

見つかったとわかった瞬間、そそくさと逃げていきました。

 

旅のおはなし | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。