--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/28.Sun

番外編 京都めぐりを始めてみれば ~伏見・龍馬編~

にゃおぜよ 

「こんにちは」

にゃおぜよ2 

「にゃおぜよ」

 

つたない土佐弁を使うにゃおはん。龍馬かぶれだね~。

というわけで、今回はあの寺田屋周辺をぶらぶらしてみました。

自転車で行ける距離の伏見界隈。私にとってはとっても馴染みのある地域です。

まずは・・・

 

 伏見2 

月桂冠大倉記念館

伏見1 

酒どころ、伏見。 記念館周辺には蔵元がいくつもあります。

伏見3 伏見4

記念館では伏見の名水が飲めたり(飲んでいいのかな? 飲んじゃったぞ)

見学の最後に日本酒2種類、ワイン1種類の試飲もできますよ~。

 

伏見5 伏見6

左は見学者へのプレゼント! 

右は・・・個人的に購入しました。 超米ウコンって・・・なんかすごく効きそうな感じ。

 

伏見7 伏見8

こちらは『黄桜 カッパカントリー

日本酒のほか、地ビールと京のおばんざいが食べられるレストランも入ってます。

かる~く飲みたい方は、ミニサイズを購入し、テラスで1杯!もOK。

伏見9 

お待たせしました。いよいよ寺田屋です。

 

伏見10 

部屋からの眺めは・・・選挙ポスター? 当然ですが、周辺は普通の町並みです。

 

伏見11 伏見14 

もっと生々しいかと思っていたのだけど、木の模様の一部・・・という感じ?

 

伏見12 

こちらが龍馬のお部屋。

それでは、お邪魔しま~す!

 

伏見13 

おぉぉ~! 

先ほどの弾痕はこの部屋、向かって左の柱のものでした。

 

伏見15 

お龍さんが駆け上がったのはこちら。

“昔白刃の裏梯子”

 

 

1階には、龍馬がらみのドラマに出演された俳優さんの写真や色紙がたくさん飾ってあります。

 

児玉さん 

大河ドラマに出演されている児玉清さんの色紙や、

それ、幾つの時の写真やねん!っちゅ~武田鉄也の写真など色々。

(福山雅治さんのはなかったな~)

 

伏見16 

こちらはお庭。

絵馬もたくさんかかっていたので、ちょっと拝見させていただくと・・・。 

 

『大河ドラマ 大成功祈願! 福山さんにお力を!』    (さすが、福山ファン)

『あなたを踏み台にして大きく飛びます!』   (どんだけ野心家)

『本日お伺いしましたが、お留守のようなので帰ります』  (?????)

 

 

伏見17 

最後はこちら!

寺田屋のお庭にいたにゃんこ。 丸顔で、尻尾が立派で・・・

って、似たようなやつがどっかにいたぞ~?

 

以上、伏見界隈のレポでした。

次回は建仁寺、知恩院など祇園、円山公園界隈をお届けします。 

 

 

 

旅のおはなし | Comments(6)
Comment
No title
寺田屋の中って見学出来るんですね。「刀痕」「弾痕」って書いてある札みたいのが普通っぽくて
面白いですね(笑)
福山ファンの私としては寺田屋も行きたいけど、他にも色々行きたい所があるから。。。
う~ん、時間あるかなぁ~?

丸顔で、尻尾が立派で・・・
え~っと、にゃおはん。。。かな?^^
No title
その昔、「壬生の恋歌」ってドラマで・・・
(主人公は新鮮組のほうなんですが)
秋吉久美子が、お龍さん役だった記憶が・・・。
ハダカというより、濡れた長襦袢1枚で、
(テレビドラマなので、ハダカは無理だったか)
竜馬に知らせに駆け上がる姿が・・・
ええ、すんごく、色っぽかったですよ(爆)
うらやましいぜよ!
きゃ~っ!
「寺田屋」じゃないですか!

テレビ&雑誌でしか見ていないのですが
『龍馬伝』を見ている私としては
高知の次にぜひ行きたい場所です。

うらやましいぜよぉ~。

で、こちらの丸顔の猫さんは
寺田屋さんの方?
コメントありがとうございます!
うめ吉さん

寺田屋って、確か今でも宿泊もできるんじゃないかな?

説明書きの札、ほんとに普通でしょ?
それもとりたてて達筆でもなく・・・。私もなんか面白いな~って思いました。

寺田屋も見どころたくさんだけど、京都の中心部から離れているし、観光ルートに組み込むのはちょっと難しいですよね・・・。
コメントありがとうございます!
あめぶらさん

あめぶらさん、すご~い!!
よくそこまで詳しく覚えてられますね~。

長襦袢一枚、確かにテレビではそうしないとね・・・。

コメントありがとうございます!
猫姫さん

今は龍馬伝の影響か、団体の女性客も多かったですよ~。
機会があればぜひぜひ!

丸顔キジトラさん。
実際はどうかわかりませんが、こちらのお庭を悠々と歩いていました。
もう、寺田屋は自分の庭!って感じだったのがおかしかったです。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。