--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/16.Mon

中国旅日記 その4 ~ディープ中華と素敵中華 そして三星堆遺跡の巻~

中国旅3日目、後半です。
パンダを満喫した私達。広い敷地を周ったのでおなかもぺこぺこ。 ドライバー李さんが「お昼何食べる~?」と聞いてきたので「四川だから坦坦麺が食べたい!」と答えたところ。


李さん 「おれ、坦坦麺きらい」


・・・は?

李さんの好みは聞いてないねん。私達が坦坦麺を食べたいねん!
と思ったけど、まあ別にいいか。 (←こういう展開、もう慣れた)
結局、麺とか餃子とか軽いものを食べられるお店に適当に入ることに。 すると李さん、なにやらどこかに電話中。それも四川語。さっぱりわからん。(私達には標準語で話してくれる)


で、数十分後。到着した場所は、こんなん↓。


シャオチー 

超ローカル。 超ディープ。 (その場では写真を撮れなかったので、この写真はイメージです)
麺が1~2元(30円程度)で食べられるような、地元の人々でにぎわってるお店でした。 北京にいた頃は時々こういうところで食べてたけど、帰国して4年半。 衛生面で???なお料理に私達のおなか、耐えられるやろか?と緊張していたら。


なんか、知らん女の人が近づいてきた。 誰やこの人?と思ってたら、またしても李さん。


「オレの奥さん」


・・・なんでここに、あんたの奥さんがいるね~ん!?

どうやら奥さんの勤務先が近くにあるようで、待ち合わせをしていたそうな。先ほどの電話は奥さんへのものだったのか~。

この日のお昼ご飯は李さんのおごり! テーブルにつくと、李さんが注文してくれた麺やらスープやら餃子やらが次々運ばれてくる。 その中のひとつ、ほのかに甘いスープに半透明の具が入っていたので、これ何やろ~?と見ていたら、李さん奥さんがビシッと一言。

「白キクラゲや!」

あぁ~、そっか。 白キクラゲねと納得して、「キクラゲって黒いのもあるよね」と私が言うと、再びビシッと一言。

「それは黒キクラゲ!」

と吐き捨てられた。 そんな、怒らんでも・・・。


とまあ、こんな感じでランチは終了。 中国の人が普段ふつうに食べてる食事は、物によっては脂っこいけど、麺とかスープとか美味しかった~。 李さん、ごちそうさまです!


さて。お腹パンパンで次に向かった先はこちら。


三星堆遺跡3 

三星堆遺跡
ドでかい博物館です。中にシャトルバス、走ってます。

ここは1986年に発見された遺跡なんだけど、なんと3000年~5000年も前のものだとか!


で、ここから発掘されたのが。 


三星堆遺跡4 

じゃ~ん! この不思議な大きな大きな仮面。
宇宙人か?


三星堆遺跡5 

びよ~んとお目目が飛び出てるやつもあるよ。 コントか?
何千年も前に、どうしてこんなの作ったんだろ? 誰か解明してくれ~。



三星堆遺跡2 

更に、こんな精巧なものが当時あったなんて、びっくり・・・。


ただね。
不思議なことに、これだけ立派な博物館で、展示品の保護に照明も落としてあるにも関わらず、観光客はみんな写真撮り放題なんですよ・・・。しかもフラッシュはあかんでしょ。
いいのか? ほんとに大丈夫なんか? 



さて、 昼のディープな中華も消化されたようだし、晩御飯へGO!


四川料理5 

夜は素敵中華です。


四川料理4 

唐辛子もい~っぱい。 なのでお料理はもちろん。


四川料理3 

しびれる辛さの麻婆豆腐とか。


四川料理2 

辣子鶏(ラーズジー)。
た~くさんの唐辛子の中から、鶏肉やピーナッツを取り出していただきます。見た目ほどの辛さじゃなくて奥行きのある美味しさ。だから。



四川料理1 

ビールを呼ぶわけです。うひひ。



にゃお1 

「まったく・・・」


 

にゃお3 

「休肝日はどうなってるんでしょ~ね」



きゅう・・・かんび? って何だったっけ?
旅のおはなし | Comments(10)
Comment
李さん、いいキャラだ(爆)
坦々麺を却下され、その上ビシッとな奥さんと4人で食事したかっちゃんさんご夫妻もすごい!(笑)
中国、楽しいことてんこ盛りだね。
そのガイドの李さんって、日本から手配した人?それとも現地かな?客を1、2元の店に連れて行くのなら、現地手配っぽいな~~

四川の坦々麺って汁無しじゃなかった?私が食べたのは、殆ど具がなく麺のみだったよ。
サウスビューティーの本店なのかな?
こっちも四川料理は食べれるけど、「麻」が効いてなくてちょっとパンチが足りないねん。
やっぱり本場とは全然違うわ~!
四川に行ったからには、食い倒れ&飲んベイの巻だね!!
コラっ!
坦坦麺キライって…v-356
めっちゃマイペース(自己中?)な
ガイドさんだけど、おいしいモノはわかっているのね。

それにしても博物館の仮面(でいいのか?)
不思議な顔だわね。
宇宙人って言われても納得ぜよ。

素敵中華もいいなぁ~。
やっぱり中華料理は本場で食べたい!

私はビール飲めないから実感ないけど
ピリ辛料理はビールが進んじゃうんでしょうね。


「きゅうかんびってなに?」って

こらぁ! お姉ちゃん怒るで!

『さすが中国』的なネタ、満載だよね~(笑)

写真もフラッシュ撮影もOKなあたりがおおらかなんだかおおざっぱなんだか…だ・け・ど( ̄▽ ̄)

辛いの、ウマソーやね♪
ども☆

見ているだけで..

オチリが痛くなる..
コメント有難うございます!
こけももさん

李さん、ほんと自由すぎるぞ~!って感じのいいキャラでした。
奥さんが来た時はほんと、びっくり。

奥さんもマイペースで、私達がいようがいまいが全く気にせずパクパク食べてました。

ほんと、ネタのつきない国ですね~。トラブルもハプニングも、面白がってなんぼ!って感じです。
コメント有難うございます!
Y子ちゃん

李さんはガイドでもなんでもなく、知人が会社の往復にお願いしているドライバーさんなの。会社のドライバーさんってことかな。
それにしては自由すぎるよね~。 ほんと、面白い人で、私達も楽しかったです!

坦々麺は結局食べなかってん。以前北京で食べたものは汁無しだったな~。

コメント有難うございます!
猫姫さん

坦坦麺きらいって言われたときは、私達もひっくり返りそうになりました。マイペースでほんと、面白い人でしたね~。
ちなみに李さん、ガイドでもなんでもないんですけど、地元生まれの地元育ちだから、やっぱり美味しいところは詳しいんですね。


いつか一緒に、本場の中華を食べに行きませんか~??

コメント有難うございます!
怪獣ママさん


そうそう。
日本の常識では考えられないネタがもりだくさん。

今回の旅行は特に色んなハプニングがあるだろうなあと予想はしていたけど、案の定という感じでした。

辛いの、ほんとに美味しいんです! 奥深いあの辛さ、日本ではまだ出会えてないなあ・・・。
コメント有難うございます!
ますたぁさん

見てるだけでも痛そうでしょ?
食べたらそれはそれは・・・!

というのはウソで、意外と平気なんですよ~。

是非、本場四川で試してみては??


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。