--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/08/19.Thu

中国旅日記 その8 ~黄龍で、電気に振り回されたよの巻~

中国旅5日目、後半です。 前半は→コチラから!


黄龍には、ロープウェイ組と登山組のルートが合流する地点があり、その近くには休憩所のような建物があります。
もちろんお食事もそこでOK。 メニューを見てみると。


黄龍11 

餃子にお粥、炒飯と、シンプルながらもメニュー色々。
何を食べようかな~と迷っていたら、店員が一言。


「そのメニュー、全部ムリ」


・・・へ? (またこのパターン!?)
ムリって何で? ・・・まさか。


「停電だから」


やっぱり!
どうやら黄龍全体が停電らしく、そんな中で私達が選べるものといえば。



黄龍12 

ザ・カップ麺。

数種類のカップ麺が並んでいたけど、どれも辛そう。 やっちゃんが「辛すぎないか?」と聞いたところ、

「あの外国人も食べてるから大丈夫」

と、1人ラーメンをすすっているフォーリナーを指差す店員。
そっか、そっか、じゃあ大丈夫だね。


・・・って、どんな理屈や。
でもまあ、こういう場所で食べるカップ麺はなんだかとっても美味しく、朝ごはんでくすねてきたカップケーキと一緒に無事ランチ終了。



それにしても、酸素、ランチ・・・と停電の影響は広がるばかり。 中でも一番困ったもの。それは。

トイレ。

ここでは自動で一回ごとにブツをビニール袋で包み込んで捨てるという、“清潔で環境に優しい”がウリのトイレが設置されているんだけど、これも電気が通って初めて機能するもの。
画期的なトイレも電気がなければ、単なる“底の浅い”ボットン便所と化すわけです。

つまり、人がトイレに入る度に、回収できないブツがどんどんビニール袋にたまっていくんですね~。 怖いですね~。
当然重みでビニール袋が耐えられなくなっていくわけで、時間が経つにつれて『使用不可』の張り紙が貼られたトイレがぞくぞく。 まいったね、こりゃ。




黄龍13 

ばっちい話の後は、もう一度綺麗な景色でお口直し。
こんなに美しい景色を目の当たりにすると、かっちゃんの黒い心もすっかり洗われて。



ハテナな中国人1 

どれだけ混雑していていようが、どれだけ写真撮影の順番を待っていようがお構いなしに、何故か座ったポーズで写真を撮る多くの中国人観光客や


ハテナな中国人2 

絶対に入っちゃいけない場所に、平気で入って写真を撮る中国人観光客を目の当たりにしても

寛大な心で見守ることができました。



・・・なわけ、あるか~い!
マナーを守れ! 世界遺産を汚すな~!!! 


さて、往復で6時間の山歩きを終え、ドライバー陳さんの車で一路、九寨溝へ。
順調に行けば夜6時前には着くかな、今日こそ素敵な晩御飯かな?なんて考えていたら、おもむろに車、停車。
まさかもう着いたの・・・?と思ったら。



車がつぶれたぞ 

問い: ココハドコデスカ?

答え: 車の修理場デス。


陳さんの車、ぶっ壊れてしまいました。はっはっはっ!

とてもすぐには修理できないので、一旦事務所に戻って別の車に乗り換えてくるという陳さん。 40分くらいで戻ってくるから、近所の茶館で待っていて欲しいとのこと。

車のトラブルは仕方がないので、大人しく茶館で待つことに。
それにしても、茶館なんてこの街にあるの?



茶館だ! 

ありました。
女の子が出てきてお茶を入れてくれたのですが、その子を指して、陳さん。


「ボクの妹」


成都の李さんに引き続き、またしても身内ネタ。




茶館だ!2 

というわけで、茶館で陳さんが戻ってくるのを待つことになりました。
なかなか立派なプーアル茶が並んでいるその上には。



韓国語? 

なぜかキノコの説明。 しかもハングル。 ナゾは深まるばかり。


さて、40分で戻ると言い残して陳さんは去っていったので、茶館で陳さん妹の入れてくれたプーアル茶を飲む私達。

妹、お茶煎れる。
私達、お茶飲む。
妹、煎れる。
私達、飲む。
・・・・・。

40分経過しても、陳さん、戻らず。

1時間経過。 陳さん、姿も形も見えず。

で、2時間後。やっちゃんも私も体内の1/3がプーアル茶で満たされた頃、ようやく陳さん戻ってきました。
ほんとだったらもう九寨溝に着いている時間に、ようやく出発。しかもお腹、たっぷんたっぷん。
80kmの道のり。晩御飯に間に合うかな~? トイレ、我慢できるかな~。



九寨溝のホテル 

陳さん、山道をぶっ飛ばして、無事ホテルに到着。
今日のホテルはちゃんと電気がついてるぞ~! (それだけで感動)


しかも、しかも!ホテルの中には明るく美しいレストランがっ! 今日こそ素敵ディナーだ!!


・・・と思ったら、何故かバーと一緒になった広いレストランの方に案内された。 薄暗いぞ。
更にどういうわけか私達のテーブルの真上だけ、電球が切れてる。 何かの陰謀か?


ばんごはん 

味はそこそこいいのに、薄暗い場所での写真は何を撮っても不味そうに見えますね。


どうやら明るい素敵レストランは団体客専用のようで、大きな丸テーブルばかり。
私達のような個人旅行者は、残念レストランに案内されたのでした。 

朝から晩まで、電気ネタに振り回されたこの日のシメは、ホテル近くのお店で買ったぬる~いビールで乾杯! この際もう、ぬるくても何でもいいのだ~! わっはっは。



かごにゃお2 

「で、明日の九寨溝でもプチトラブルは続くの?」


いやいや、明日はさすがにだいたい順調だったよ。


・・・って、にゃおはん、どこに入ってるの?


かごにゃお1 

「かっちゃんのかごバッグ」

このバッグ、どんどん大きく広がっていく感じがするんだけど、気のせい?


旅のおはなし | Comments(12)
Comment
すごいなぁ~
面白くて一気に読みました!
中国って、やっぱり凄いわ!!
それにしても、面白過ぎー!(爆)
もしかして、かっちゃんご夫妻だけピンポイントで面白い?

ちょっとしたコメディー映画やな!
あはは~!
面白すぎるね、ホンマ。

前の記事も読み直したら
さらに大笑いで、またお腹痛いわ。

これだけハプニングが続くと、
そこいらのコメディー映画より面白くて
ぜひ映画化、ドラマ化してもらいたいぐらいッス(笑)。

この茶館って、まさか陳さんの妹の自宅じゃないよね?

写真では店っぽく見えないんだけどぉ~。

続きにさらに期待がふくらむぜよ!
まだまだネタ満載なのかとニヤニヤしちゃう♪
今回は停電に車の故障にまたまた電気に見放されたかっちゃんご夫妻O(≧▽≦)O

ホテルの朝食からカップケーキを持って行ったのは神のお告げなのかなぁ~!?

続きも期待してますよ!!

そうそう。暗いホテル、ネットで検索してみたんだけど、クチコミは書かれて無かったよ♪
ハプニングだらけの中国旅行やってんね。ほんと笑えるネ!
そういうディープな旅行でのカップラーメンは、意外にホッとするのよね~分かるわ!!笑
黄瀧の素晴らしさはともかく?!楽しい思い出の旅になったのでは?!
私の黄瀧の思い出は・・・高山病がひどくて、あの綺麗な景色の中10回以上は吐いたのー!なので、辛い思い出で終ってしまったよぉ~。。。勿体無い!!
中国や、もっと西のアラブ圏の国では、
1時間と言われたら3~4倍みておいたほうがいい。
と、聞いたことがありますが・・・
ホンマやったんか(爆)
これだけ停電、節電しているのって
偉大なる将軍様のいる某国のようだね。
行ったことないけど・・・

私がアウトドアが嫌いなのは、日焼けすることもあるのだけど
何が嫌と言えばトイレなの。トイレの汚いのは無理~!
富士山に登った時にもゲンナリして、世界遺産から
落選した時もそうでしょうと思ったよ。

でもこういうことを我慢すれば
こんな綺麗な景色を拝む事ができるんだね(*^_^*)
コメント有難うございます!
こけももさん

なんか面白いことないかな~っってふらふら歩いてるから、ハプニングが降ってくるのかな?

気をぬいてたら何が起こるかわからない中国。
面白いけど、体力も使いました~!
コメント有難うございます!
猫姫さん

ほんと、この日はなんだか盛りだくさんでしたね~。
その場では旅行なんてこんなもんだよねと気にもしていなかったんだけど、改めて日記を書くと色々あったな~って感じです。

茶館は大きなレストランと一緒になったお店でした。
ちなみにここでも電気つけてもらえませんでした。なんで?
コメント有難うございます!
怪獣ママさん

いやいや、この日は特別です。
そうそうネタだらけの旅っていうのもね~。 おだやかな旅、希望です!

暗いホテルのクチコミ。私が第一号になっちゃおうかな?
コメント有難うございます!
Y子ちゃん

まあ、中国を個人で旅行するんだからある程度は予想の範囲内だよね。 というか、旅の最中はこんなもんやな~って感じで、普通に流してたもん。
日記にすると、色々あったな~って感じです。

高山病、そんなにひどかったの!?
いつかリベンジする?
コメント有難うございます!
あめぶらさん

そうそう、「今すぐ」って言葉も信じてたらえらい目に遭いますもん。

中国だけじゃなく、ヨーロッパでも結構アバウトですよね。
こんなに時間にきっちりしてるのは日本の良いとこだな~って改めて感じました!

コメント有難うございます!
ponchanさん

トイレはほんと、ネックになりますよね。
中国でも大きなホテルとかレストランではとっても清潔だけど、それ以外はね・・・。

今回は高地なので水分は取らなきゃだめだけど、トイレは出来るだけ行きたくない・・・と葛藤の連続でした!!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。