--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/11/05.Sun

泣きたいくらい不味かった...

 1月に帰国してから、外食で中華料理を食べていない。美味しい中華やさんが近所にない、というのがその理由。なので中華と言えばもっぱら家で作るようになっていたのだが、実はずっと気になっているお店があった。

 それは、某中華チェーン店。時々広告が入るのだが、その写真は実に美味しそう。この季節ならではの蟹を使い、さらに大好きな黒酢風味に仕上げてある一品など、もうたまらん!!チェーン店(しかもファミレス風)なので味は期待できないかと思い今まで行かなかったのだが、昨日思い切って行ってみた。結果。

 マズ...。

 激マズである。まずは坦々麺。一口食べてびっくり。味がない。「辛いでっせ~」と注意を促す唐辛子マークが2個もついているにもかかわらず、辛いどころか味がない。 次に来たのは餃子。そしてサラダ。可もなく不可もなく、といったところか。 そしていよいよ次は待望の蟹黒酢ソース!果たしてお味は...?

 ...。(夫、私ともに無言)

 食べれば食べるほど悲しいやらむかつくやら。何かが足りない、或いは全てが間違っている、そんな味。泣きたくなってきた私たちの望みは最後のデザート、焼きプリンに託された。普段こういうところでは滅多にデザートを頼まないのだが、ふと目に入った焼きプリンの写真があまりに美味しそうだったので、つい注文してしまった。表面はパリパリ、中はとろ~りと書いてある。期待に胸をふくらませ...というよりも、むしろすがるような気持ちでプリンを一口。

 ...。(夫、私ともに、又しても無言)

 焼きプリンということで、表面は熱くなっているのだが、中は冷たいまま。しかも表面は「パリッ」ではなく「ふにゃ」、中身は「とろ~り」ではなく「もろもろ」。絶妙の気持ち悪さである。どないしたら、こんな不味いものが作れるのか教えて欲しいくらいの激マズだった。

 チェーン店に美味しい中華を求めたのがいけなかったのか、あるいはその店だけの問題なのか。こんな店に人がごった返しているのが不思議で仕方がない。
未分類 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。