--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2007/01/10.Wed

好みはそれぞれ違っても

 夫と私。同じ猫好きでも、にゃおに対する接し方はちょっと違う。私はにゃおにベッタリとくっつきたがるが、夫は適度に抱っこする感じで、私からするとかなりドライ。



 見ているポイントも勿論違う。



 私はにゃおの白マスク(唯一白い口周り部分)が気に入っているのだが、


白マスク
 



 夫はその柄を見るたびに、「おたくさん、ええ柄してまんなあ~」とオヤジっぽい発言をする。


キジトラ柄
(おしりがハートだ)




 またある日のこと。「にゃおのどこの毛が一番きめ細かいと思う~?」という、あほな会話で盛り上がった。私が思うに、耳の後ろが一番きめ細かいのではないだろうか?

 

それはそれは柔らかい耳後ろ毛




 一方夫の意見は...。

 「バーコード部分」

 
 ??? バーコード?? 何、それ? どこ、それ?



 答えはここ↓でした。


前足の内側 うっすらとシマシマが...
(マニアックやなあ~)
 



 まあ好みの模様や場所は違っても、にゃおを愛する気持ちは同じってことで。




ランキングに参加しています。↑1日1回 クリックしていただけるとうれしいです。

未分類 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。